私の家政夫ナギサさんのみんなの満足度と感想まとめ

私の家政夫ナギサさんのみんなの満足度は?

とても良かった! 37票
良かった! 19票
普通 4票
あまり面白くなかった 0票
全然面白くなかった 0票

面白かった(面白くなかった)の理由と感想

とても良かった!と回答した人の感想

家政夫というコンセプトと彼女を優しく見守るナギサさんが格好良かった。

めいちゃんがかわいくておしゃれだったこと。現在既婚ですが、独身時代を思い出せたところ。なぎささんの行動にほっこりきた。2人の恋愛の感じが癒された。あと最後のハッピーエンドも良かった。

ナギサさんこと大森南朋さんのコミカルな表情がたまらなかったです。合わせて、毎回高橋メアリージュンさんのツッコミや表情に爆笑していました。

主人公のメイがとにかく可愛かったです!また、何かと頑張り屋さんだけど、少しづつ頑張らないことを覚えていく過程も、私も一緒に肩の荷がおりるような気がして、見ていて楽しかったです。

主人公と周りの登場人物とのかけあいがテンポが良くてとても楽しかったメイちゃんが仕事はできるのに、家事が全然できない所が可愛かった

ヒロインの相原 メイが、仕事は出来るのに、私生活がボロボロな環境が面白い点。ボロボロな私生活を助ける家政婦のオジサンの設定も面白い。

「できる人」と思われたいがために、家事ができないことを同僚や友人、家族にも言えないメイを見ていると、自分にも「そうそう、わかる!」と共感できる点が多かったところがよかったです。

あまり想像できないようなおじさんの家政婦という設定が面白くて、そのおじさんと若い子の恋愛というのも予想外で面白かった。

恋愛関係になった時もベタベタしすぎていなくて、あさっりしていてよかったです。平日の夜の癒しになっていました。

ナギサさんとメイさんの関係やメイさんの家族とナギサさんとの関係です。

男性が家政婦をするという、今まででは余り馴染みのなかったテーマで、今後の実社会に影響を与えていきそうな感じが良かったです

あまり重苦しいドラマは苦手なのですが、とても楽に観られた。ほっこりできるドラマでした。

バリキャリOLとおじさんの家政婦さんという組み合わせが新しくて良いです!多部ちゃんのお洋服も可愛くて毎回楽しみにしてました。

主人公メイを演じた多部未華子さんがとにかく可愛くて素敵でした。特に衣装やアクセサリーが毎回とてもオシャレでしたし、多部さんのクルクル変わる表情やコミカルな動きも可愛らしく、見ているだけて明るい気持ちになれました。優しくて何でもこなせるナギサさん役の大森南朋さん、イケメンかつ仕事もできて気さくなライバル会社の田所さん役を演じた瀬戸康史さんなど、どの登場人物のキャラクターも魅力的で、主人公が羨ましい!と思いながら最終話まで楽しく観ることができました。

メイの衣装や持っているものがかわいくて、毎回楽しみでした。仕事中心の生活していたら掃除する元気もないし、家事が疎かになるところとか共感出来た。

ナギサさんとメイの距離が少しずつ縮まっていくのが良かったです。また、家政婦のドラマは何度か見てきましたが、家政夫を見たのは初めてで、とても新鮮な気持ちで見ることができた点が良かったです。

何事にも一生懸命で全力で頑張っている働くアラサー女子の主人公がとても共感できて面白かったです。

家政婦のおじさんと主人公のキャリアウーマンの女の子がくっつくという、ありえない設定

家事が苦手な女性っていますよね。男性なら、できない・しないでちょっとは済まされるけれど、女性はなかなか言えないのは、判ります。だから、家政婦を頼むのは、ためらう気持ちも判ります。それを超えて、段々とはまっていく。それが、恋へと発展していくところがよかった。年配の男が、こんな若くてきれいな女性と結婚できるんだということも、妻には言っていないが、嬉しく、かつ、ひょっとしたら・・なんて、淡い夢を見させてくれた。

正直ナギサさんが夫になるとは思わなかった。タイトルに書いてあるのに気付かなかった!メイの服装が個性的でお金かかってそうだなと思った。MRという仕事は服装にも気をつけないといけないんだなと感じた。メイは、まだしも箸尾さんみたいな性格は嫌いで箸尾さんの回は面白くなかった。田所さん役の瀬戸さんが結婚したのは面白くなかったです。メイとうまくいけいいと思っていただけにこのタイミングはないと思った。最後までナギサさんは眼中になかったので本当にビックリしてそんな恋愛もアリか!という気持ちになりとても面白かった。スピンオフの私の部下のハルトくんも本編に関係ない恋愛が後で好きな時に見れて面白かった。マンガのナギサさんはかっこよすぎて現実味がないので大森さんはハマり役でした。

家政婦との恋愛という珍しいテーマで、キュンとなるようなストーリーだったところ。

家事が苦手な女性を男性が否定したり揶揄するという、これまでの時代ならあり得たような描写が一切無く、とても素直な気持ちで見れました。キャリアアップを目指す主人公に加え、その上司も同僚も働く女性が皆生き生きとしていて、主人公と同年代の自分から見てもとてもリアルに感じました。そのようなお仕事ドラマ的な場面がある一方、オフでの主人公の振る舞いも見ていてほっこりするものでした。ナギサさんや家族との掛け合いも、シリアスさとコミカルさのバランスがちょうどよく、全話通して疲れずに見ることができました。

とにかく見ていてキュンとするというか、何か不思議な魅力のあるドラマでした。ナギサさんのことを家政夫としてではなく人生を共に歩んで生きたいと思うような大切な人であることをメイが少しずつ自覚していくとこり、ナギサさんの方も実はメイと同じ気持ちだったというその過程がとてもよかったです。久しぶりに何度も繰り返して見たくなるドラマでした。

主人公のメイとナギサさんのやり取りに癒されました。最初はナギサさんを拒絶していたのに、気づけばなくてはならない存在になっていた。その過程もよかったですね

ナギサさんの優しさと家事の手際の良さに癒しを頂きました。メイちゃんのファッションもおしゃれで見ごたえがありました

ああ言うのがあっても良いかなと思わせてくれたドラマでした。今までのある意味、男は外で働き女性は家庭的でみたいな固定した強制観念を打ち破り、斬新で面白かったです。

仕事に忙しく生きている女性の強さと、たまには休んでもいいんだというメッセージが伝わってくるし、ナギサさんの優しさで包んでくれるところがとてもいいです。

ナギサさんのやさしさと、メイの積極的なところが組み合わせ最高だった。

仕事はできるのに家事ができないめいちゃんがとてもかわいらしくてよかったです。特にナギサさんが作る料理が毎回おいしそうで、どんな夕飯なのか私も楽しみでした。

原作とちょっと違ってダンディでもない微妙な… 絶妙なナギサさん、笑いの方にほっこりするやり取りが安心して観ていられるホームドラマでした。

ナギサさんがだんだん魅力的に見えました。家事はすべてスーパーでしたが、特に料理がおいしそうで、私も食べてみたいなと思いました。微笑ましいドラマでした。

シリアスなシーンと泣かせるシーンの適度なブレンド具合と、ドラマ全体を包むコミカルでハートウオーミングなテイストが良かったと思います。

話の内容にとても共感できた。登場人物が皆いい人だった。ナギサさんとメイさんの二人がかわいくて癒された。自分自身の今後の働き方について考えさせられた。多種多様な働き方ができる今の世の中に合っていた。

仕事は完璧にできるのに家事は全くできずに汚い部屋で過ごしている主人公のメイと、一見さえないおじさんのなぎささんとの出会いで、家のことだけでなく、人間関係も円滑に進んでいくほんわかなところが大好きでした。家のことがきちんと整うと生活が整うんだな・・と、見ていて身が引き締まる思いでした。

ほのぼのとしたやりとりが、1番印象的な感じがします。2人とも我が強いんですが、相手の事を想っての行動など、共感持てる部分が多かったです。

あんな可愛らしい30代は周りにはいなくて、心がハッピーになりました。

めいちゃんとナギサさんのやり取りが、とても面白かったです。二人のダメなところといいところを、二人で補っていくところがとてもほんわかしました。

良かった!と回答した人の感想

ナギサさんというおじさんの家政夫とだんだんと仲良くなっていくメイの臨場感がよかった。

家政婦は女性の職業、という世間にはまだまだある偏見。女性は家事ができなくてはならない、男性ならできなくても許される、家政婦さんを雇うことは女性の罪悪感になる…等々、そんなところもテーマにあり、面白く拝見しました。

仕事に疲れて帰宅したら癒やし系家政婦が家事をしてくれているというところにみていたこっちも癒やされた。

大概は別れたり、成就しない結末も多いドラマの中で、ハッピーエンドで終わったから。

私は主人公の女性より年上ですが、毎日仕事仕事で余裕のない生活の中、家にあんな家政婦さんがいたらいいな…、と思いながら見ていました。選択肢として結婚は自分にはないかな…と思っていましたが、主夫になってくれるような方との結婚もいいなと思いました。

今までの男女の関係じゃないところが、新しくて面白かったです。

メイちゃんの衣装と髪型が毎回オシャレで可愛くて楽しみでした。

なぎささんの家事が完璧で、仕事もお金より自分のやりたいところをやっているところ!
メイちゃんとの恋もピュアすぎてキュンキュンしました。

全体的に暖かさが感じられるドラマで、男性の家政婦という設定もよかった。

ナギサさんのふわっとした優しさと大人な男性の包容力に癒やされました。内容もドロドロ感がなくて良かった。

主人公のメイの仕事はできるが、忙しさから家事まで手が回らないという現状や境遇に、世間で忙しく働く人たちの共感を誘った事と、ナギサさんという癒し要素が「頑張らなくて良いんだよ」という励ましのメッセージの比喩になっているところが素晴らしかった。

家政婦だったナギサさんが、いつの間にか恋愛対象になっていて、結婚するところが面白かったです
家政夫という今まで焦点が当たらなかった職業を前面に押し出した作品なので、色々な発見や弊害も知れて、毎週ワクワクしながら見ていました。

キャリアウーマンと男性の家政夫という設定が新しいと思ったし、紆余曲折がありながらも、最後は二人がくっつくというハッピーエンドがよかった。

仕事ばかりで私生活まで手が回らないメイのいっぱいいっぱいなところが可愛くて、おじさんにどんどんほだされていくのに癒されました。

なぎささんの手料理が美味しそうで、私も家に帰ってこんな料理が出てきたら嬉しいと思って見ていた。

主人公の仕事への必死さと、それをナギサさんが肯定してくれるところ。自分の20代と重なって第1話は泣いた!そして多部ちゃんのコミカルな演技も好き。

多部未華子さんが演じるメイが何事にも全力で取り組む姿を見て、自然と応援したくなりました。
お仕事から帰って、ひどく疲れた時に観ていました。ナギサさんの存在や言葉にとても癒されました。主人公に自分を重ね合わせて観ていたので…。

普通回答した人の感想

原作漫画を1巻だけ読んだことがあったが、実写化しても残念な感じにはならなかったところ

女性は家事は出来て当たり前ではないことや、働く女性の家事の両立の難しさが浮き彫りになっていて良かった。

メイとおじさんのなぎささんは、やはり釣り合わない。絵にならない。

多部未華子さん扮する相原メイの服装やアクセサリーが可愛くて、いつも楽しみでした。
もう少し、ナギサさんが紳士っぽいカッコイイところがあるといいなと思いました。

コメント